Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告水樹奈々NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013 @ 大阪城ホール (2日日)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

 ※ここから先はネタバレですので、お気をつけください。


大阪城ホール

 オープニングのパフォーマンスが2日目だからか変更になっていた。ピエロが最初にトスジャグリングをするが、ボールからリングになっていたし、G-Rocketsは大きなボールを持って登場していたのが何も持たずに倒立とかしていて、最後にピエロがG-Rocketsの協力でやる技がボールがないのでG-Rocketsのうちの2人が両側に立ちバク天の補助をして成功させるというものになっていた。



 3曲目は「What cheer?」から「ミラクル☆フライト」になった。奈々さんとチェリボとチームヨーダがステージ上で円形状にグルグル回っていた。


 MC1で「大阪なので粉物が食べたかったけど、ライブが終わった後に翌日の確認とかしていたら23時になった。開いている店が限られるけど、カフェバー的な大人な店でチェリボもさすがに飲んでなかったけど、お好み焼きも出てきた」とか言ってた。あと、「いつも泊まっているホテルじゃなかったけど、蛇口を反対側にひねると温泉が出くるので肌もつるっつるのピカッピカになった」とか言ってた。



 「FEARLESS HERO」でこれまではKADO-Dが花道の先頭に来ていたけど今回はアニキが先頭だった。


 音楽戦隊チェリボセブンGの映像がこれまでと違っていた。まず最初のナレーションで地名が愛媛や大阪といった違いだけでなくいつもより明るく喋っているように感じた。さらに悪の総統・飯塚昭三さんが「おまえを二度と歌えないようにしてやろう」的な発言をした後に「なんてな(笑)」とボケた。このボケは今まで無かったもので、これにはチェリボセブンGに助けを求めるはずの奈々さんも「えっ…? た、助けてチェリボセブンG!」とちょっと戸惑った表情をしてから助けを求めた。最初は単なる吹き替えのバリエーションかと思ったけど、この戸惑った表情は今まで無かったので映像自体が別物ということだろう。2daysでここまで変えてくるとは。この後のMCでチェリボセブンGの“G”について初日は「ギターのGとかありますし」とか言っていたけど、それを聞いて「チェリボは『お爺さんのGじゃなくてよかった』と言っていたけどそんなこと思ってないです」と奈々さんは弁解したもののチェリボの反応は芳しくなくカメラはアニキを抜いていたw また、「映像の最初に流れるナレーションはGつながりということで翼さんの叔父の司令を演じている石川英郎さんにお願いした」とのこと。さらにライブのオープニングで「Ladies and gentlemen. Welcome to LIVE CIRCUS 2013...」というのはTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のOPを歌った富永TOMMY弘明さんにお願いしたとのこと。なんでも「りゅーたんと知り合いで西武ドームのLIVE GAMESの時、チームヨーダの紹介でナレーションしていた」と奈々さんが言ったけど、「正しくは東京ドームの時だったと思います…」とりゅーたんの訂正が入ったw ただ、どういう繋がりなのかも気になっていたけどこれは話してなかった。



 「夏恋模様」を歌う前に「夏にピッタリな曲でチーム水樹にも隠れファンがいっぱいいる」と言う紹介をしていた。これまでこの8曲目は「水中の青空」が来ていたのでこれが来るのかとも思ったけど、チーム水樹にもファンがいるなら「少年」もありかなとも思っていたがそんな事はなかった。この曲でも「水中の青空」の時と同様にステージ中央の鉄球の外枠が開き内側をスクリーンにして映像を投影していて、最後にファイヤーが鉄球の前の来て吹くというのも同じだった。



 チームヨーダの紹介の後、今まではサブステージから奈々さんがゾウに乗って「Happy☆Go-Round!」という流れだったけど、今回は同様にゾウに乗って「POP MASTER」だった。ゾウの乗り物はそんなに大きくないので後ろに一応背もたれがあるにしても足場は狭いから奈々さんが動いてるとちょっと心配になる。この後のMCで、初日に“ナンボ”と命名されたこの乗り物のゾウについて「『ナンボ、なんぼ?』と聞かないでください(笑)」と言ってた。ちなみにイントネーションは、ナンボ↓であって、なんぼ↑ではないとのこと。


 ゾウに乗って歌うのはやはり1曲だけで、サブステージの奈落へ途中まで迫り下がり仮の足場の上に奈々さんが着地して次の「Happy☆Go-Round!」はサブステージから花道でしばらく歌いながらメインステージへ。今まではこの曲をサブステージで歌っていたので、チームヨーダは花道でタオルを振っていたけど、今回は全員ステージでタイルを振っていた。そしてステージの上にはG-Rocketsがロープでグルグル回っていた。


 「この曲も夏にピッタリな曲」という紹介で「NAKED FEELS」。歌詞はCDを買った時くらいしか見ないし主にメロディーを聞いているから夏の曲というイメージはないんだけど、ライブだとアツい曲が中心に歌われることが多いからこの曲が聞けてよかった。


 「Crescent Child」の前の13曲目は今のところ毎回変わっていて今日は「Trickster」だった。



 「Preserved Roses」の後のMCで「最近は近藤さんだけでなくズッキーナと呼ばれることもあって、格さんは「ズッキーナ様におかれましては…」なんてメールしてきたんですよ」とか言ってたw 奈々さん関連のことは色々チェックしているイタルビッチだけあってさすがだなw


 「Vitalization」を歌う前に「戦姫絶唱シンフォギアG」の話をしていて、そこで「翼さんが宝塚みたいにどんどん男前になっている」とか言ってた。



 本編ラストの「約束」の前のMCで「昨年リリースした『ROCKBOUND NEIGHBORS』はLIVE UNIONの直後から制作に取りかかったのでツアーでみんなからもらったパワーを込めることができたし、それをこうしてみんなの前に帰ってきて歌うことで受け取ったパワーのリレーができている」という感じのことを言っていた。


 アンコールの1曲目は「Astrogation」になっていたけど、今回は初めて「Synchrogazer」が歌われた。曲が変わっただけで、ステージが迫り上がり高い位置から歌うのも、G-Rocketsがステージの上でリングといった演出はそのままだった。「Vitalization」の後の「ETERNAL BLAZE」もいつもほどインパクトがなかったしこの曲もこれまでのライブと比べるとそこまででもなかったように感じたのはそれだけ新曲のインパクトが強いと言うことかな?


 アンコールのMCでスマギャンの話をしている時に「スタッフから『“水樹奈々”で検索すると検索候補に罰ゲームがすぐ出てくる』と言われた」とのこと。ただ、実際にGoogleで“水樹奈々”と検索してみたけど、今は罰ゲームはサジェストされなかった。
水樹奈々サジェスト
 おそらく、「新堂本兄弟」に出演して罰ゲームの話をした時に一時的に罰ゲームの検索をした人が多くてその時期ならサジェストで出てきたんだと思う。


 「POWER GATE」はこれまでライブの中盤に「Happy☆Go-Round!」の後に歌われていたけど、アンコールになった。今までアンコール2曲目の「SUPER GENERATION」でメッセージ入りテープが発射されていたけど、今回は同じ位置のこの曲で発射された。



 最後に奈々さんに呼ばれて全員がステージに揃った時に列の上手側にいたゆたぽんが下手側にいたマーチン(だったかな?)の所まで走って行ってハイタッチをするという珍事がw 本人も後で「最後 なぜステージを走ったのかわかりません(((^^;)」と書いていたけどw この後、奈々さんがステージの端々まで行って手を振っていたけど、BGMの「Happy☆Go-Round!」で昨日は確かCメロの「ハートの形?」から歌ってくれたけど、今回は昨日より時間をかけて手を振ったりしていたので両ステージや花道を一通り回り終えてたのが2周目の始まってすぐだったからさすがにほぼ1曲丸々歌ってはくれないかと思ったら、1番のBメロ手前から1番の最後まで歌ってくれた。今まではステージ中央にある鉄球に戻ってから「かかってこーい!」のやりとりがあったけど、今回はメインステージでそのやりとりをしてから鉄球に戻った。そんなこともあってか終演後のBGMを流すはずがちょっとだけ「STAR ROAD」が流れてしまったw




2013.7.15 (MON) 大阪城ホール
アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013 supported by JOYSOUND Calbee
■SET LIST■
 Trick 3 大阪
01.Gimmick Game
02.Lovely Fruit
03.ミラクル☆フライト
<MC>
04.You have a dream
05.FEARLESS HERO
<CHERRY BOYS SHOWCASE>「音楽戦隊チェリボセブンGのテーマ」
06.Get my drift?
07.UNBREAKABLE
<MC>
08.夏恋模様
09.STAR ROAD
<G-ROCKETS PERFORMANCE>
<TEAM YO-DA SHOWCASE>
10.POP MASTER
11.Happy☆Go-Round!
<MC>
12.NAKED FEELS
13.Trickster
14.Crescent Child
<SHORT MOVIE・殺陣>
15.Naked Soldier
16.Preserved Roses
<MC>
17.Vitalization
18.ETERNAL BLAZE
19.LINKAGE
<MC>
20.約束

【Encore】
21.Synchrogazer
<MC>
22.POWER GATE
23.Love Brick




【関連記事】
NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013
2013/07/07 Trick 1 愛媛県武道館 (初日)
2013/07/14 Trick 2 大阪城ホール (1日目)
2013/07/15 Trick 3 大阪城ホール (2日目)
2013/08/10 Trick 8 宮崎市民文化ホール
2013/08/11 Trick 9 鹿児島市民文化ホール 第1ホール

このエントリーをはてなブックマークに追加    23:17:16 | 水樹奈々  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。