Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告気になる…レスリングがオリンピックから除外の危機

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

 12日に開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の理事会でレスリングが25の中核競技から除外された件について、レスリングは除外されるとは思っていなくてロビー活動をしていなかったからと言われていますね。そこまでレスリングについて興味があるわけではないけど、日本人選手が活躍しているし存続してほしいとは思います。
 気になるのが、「落選有力・近代五種、積極的働きかけで生き残る」や「西欧で低い人気、ロビー活動もなし…テコンドーや近代五種に勝てず」にもあるように、五輪競技からの除外投票を行った14人のIOC理事の中に前IOC会長の息子でもある国際近代五種連合のサマランチ副会長、世界テコンドー連盟のカルシュミット倫理委員長がいること。公平を期すために今回の選考対象の関係者は除斥されるべきだと思うけど、「レスリングは終始最多票/IOC、除外の票数公表/最後は近五、ホッケーと」の票数を見ると合計14票なので除斥されていないようだし。ちなみにこの記事で、除外の可能性が高いとみられた近代五種は票数が1回目から5、4、5、3と変動。最後の投票で1回目より2票も減る不可解な結果だったとあるけど、過半数を取る競技が出るまで、最小得票の競技を除きながら投票を繰り返すのでこういう票数の変動は不可解でも何でもない。
 あと、「レスリング除外候補のワケ 歴史とロビー活動に負けた?」にあるように貴台五種は「近代五輪の父」クーベルタン男爵の提唱で1912年のストックホルム五輪から始まった歴史の重みがあるということだけど、「ギリシャ・オリンピック委員会がIOC理事会決議を非難」にもあるように、レスリングは紀元前3000年頃の壁画にも描かれている人類最古のスポーツと言われ、競技としての発祥は古代ギリシャ。同国で行われた古代オリンピックでは花型スポーツであり、1896年にアテネで再開された近代オリンピックの第1回大会から実施されたので、近代五種競技レスリングのどちらが歴史があるかは明白なんですが…。


レスリングが五輪から「除外?」、アメリカでも広がる困惑
レスリング ロシアも除外に反対
レスリング除外、西側諸国の策略…イラン猛反発
 というように日本以外の強豪国も当然ながら今回のレスリング除外を快く思っていないようですね。イランに至っては五輪委員会の広報担当者は(中略)核問題で対立するレスリング強国の米国とも「共闘する準備もある」というコメントをしているくらいだし。
 レスリング五輪復活に望み?3候補入りかというのもあるけど、復活へ動くと同時に、今回の除外投票が公平を欠くとして無効を主張していくのもありだと思います。投票を無効にするのは難しくても、そう主張することで掩護射撃になると思うし。


このエントリーをはてなブックマークに追加    11:41:30 | 気になる…  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。