Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告水樹奈々NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 -QUEEN'S NIGHT- @ 東京ドーム (1日目)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

 約2ヶ月半前から水樹奈々さんの曲を聞き始めたばかりの新参者のファンなんですが、東京ドーム公演に行ってきました。過去のアルバムとかも聞きまくってカラオケで141曲歌ったので、最近このブログでカラオケの記事を読んだ人は異変に気づいていたかもしれませんねw
 他のライブではかなり行っているんてすが、サイリウムをがっつり振るようなライブには行ったことがないので、ちゃんとついていけるのかなという不安もあったし、そもそも遠征を極力自粛していたので、東京へ行くのは…というのもあって、色んなチケット先行発売日とかも見送っていました。でも、ライブ前日になって、やっぱり我慢できないので急遽行くことに決めましたw チケットは当日券もありましたが、グッズ以外でも並ぶの大変だし、売り切れていたら洒落にならないので、両日余ってしまった人から譲っていただきました。一人で行くより色々とその人に教えてもらったりしたので、結果的にはこの方がよかったのかもしれませんね。


 ※ここから先はネタバレですので、お気をつけください。なお、後になるとライブの日にちと記事の日にちが一致していないと分かりづらいので、書いている時点で日付が変わっていますがこの記事の日時を変更しています。


NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011

 LIVE CASTLEということでステージ奥には城の巨大セットが。オープニング映像は女王がパレードをしている感じ。「某モンスターほにゃららハンター(全く伏せられてないw)のチームが作成した」そうです。目が悪いのでよく分からなかったけど、これまでのツアーに出てきた乗り物やロゴなんかもあったらしい。映像が終わるとステージの上空からゴンドラで奈々さんが降臨。最初は女王って感じの衣装で、「行くよ、東京ドーム!」との凛とした声で幕開け。


 それまでグッズの青いペンライトを振っていたけど「BRAVE PHOENIX」のイントロで会場が一気にUOのサイリウムに。「ETERNAL BLAZE」がUOだというのは知っていて、一緒に行った人から「POWER GATE」もUOだというのは教えてもらっていて、後はその都度教えてもらうことにいなっていたけど、いきなりUOの出番が来るとは思わなかったw 事前に「LIVE GRACE -ORCHESTRA-」のBDとフジテレビNEXTで放送された「LIVE JOURNEY 2011」の映像を見てはいたけど、実際に体験すると一体感が凄いね。最初なので周りについて行くので精一杯な感じだったけど。


 でも、2曲目がライブでは初披露の「ROMANCERS' NEO」だったので、これならどういう風にやるか決まっていないし条件は同じだから自分の思うようにやってみたら何とかなったので今日やっていける自信ができた。PSP版「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-」主題歌ということで4枚あるLEDパネルに時々なのはの映像が映し出されていた。


 最初のMCで「ついにこの日がやってきたよー」って元気よく言ってたけど「東京ドームだよ?夢みたい」って少しうれし泣きしてるような感じだったけど、よく見えないのでわからない。「皆の者、ここまでの道のり大儀であった」と女王様風に言ってみたものの「そんな柄じゃないので」すぐに元のしゃべり方に戻った。「二日間は東京ドームは私だ…私たちだけのものだよ!」って噛んじゃったw そして「LIVE CASTLE開城!」を高らかに宣言。


 確か「夢幻」ではアリーナ席をゴンドラで移動していたけど、「POWER GATE」、「アオイイロ」ではまさかの気球で飛んできて度肝を抜かれた。アリーナとスタンドの間の上空を2階席と同じ高さで歌うという奇想天外な発想。気球と言っても屋内でバーナーを使うのは安全面からも時間的にも厳しそうだから、熱気球ではなくガス気球でバスケットの上から四本のロープが伸びていて地上にいるスタッフがそれを持って進路や浮かび上がりすぎないように調節していた。2階席の人もまさかこんな距離で見られるとは思っていなかったはず。ここでは白雪姫みたいな衣装だった。


 確かこの後のMCでNHK紅白歌合戦の出場報告があったと思う。せっかく大事な報告なのに肝心なところで噛んでしまってw それにしても今回は報告やら新情報やらが多くて覚えきれないくらいで嬉しい悲鳴。


 「7COLORS」は先週放送した「Mの世界」でタオルとサイリウムのダブル持ちと言っていたけど直前過ぎて浸透しきれなかったのかTOKYO FMが聞けない人が多かったのか聞いていないもしくは忘れた人やタオルがない人がいたのか見回してもラジオで言っていたとおりにやっている人の方が少数派だった。


 「Dancing in the velvet moon」は曲自体も結構好きだったし、今GyaO!で「ロザリオとバンパイア」を配信していてちょうど見ているところなので個人的にタイムリーな感じ。この曲と次の曲は中央にある花道の真ん中辺りで歌っていた。
 「Dancing in the velvet moon」からのブロックはうさぎ年だからうさ耳&丸いしっぽという衣装だったのでMCでは「回って」コールに応えてうさぎみたいにぴょんぴょん跳ねながら回ったw ただ両手を耳元に添えてぴょんぴょん跳ねるのは恥ずかしかったみたいで「もう一回」のに応えた後はかなり恥ずかしがっていたw


 新曲「Synchrogazer」を除くと両日で「Inside of mind」だけが知らない曲だった。新しめのカップリング曲か、アルバム曲なら古いのでも大丈夫だったんだけど…。


 ギター三銃士というコーナーは今回出てる三人のギタリストがパフォーマンスをしたんだけど、花道に一人と花道を両サイドに一人ずつがステージから出てきて、両サイドの二人は小さな移動式ステージで小走りくらいの速さで移動したのに花道の人はそれに合わせて走っていたw ギターパフォーマンスの最後にギターの先端から火花を飛ばしていた。


 「SCARLET KNIGHT」からのブロックは騎兵のような衣装でさらにこの曲の時は右手にサーベルを持っていた。


 「PHANTOM MINDS」では“奈々王宮ストリングス隊”が登場し、その中のヴァイオリニスト室屋光一郎さんは「『LIVE GRACE -ORCHESTRA-』のコンサートマスターだったし引き続きチェリボの一員としていてもらう」ということでニックネームを「ムッシュ」に決定。


 今月24日からCS放送のフジテレビTWOで放送されるドラマ「スイッチガール!!」で主題歌を担当することを発表し、それが来年1月11発売のシングル「Synchrogazer」のカップリングになるそうだけど、「この曲のレコーディングは来週ある」ということでかなりギリギリのスケジュールだなぁ…。
 そして、この流れで新曲「Synchrogazer」を今夜放送の「Mの世界」で初解禁するのに先駆けて初披露! 先週のラジオで初解禁する予告があったのでライブでもやるだろうなとは思っていた。まあ、これこそ誰も聞いたことのない曲なので純粋に曲に対して即座に対応することが求められるけど、そういうのはこれまでの約170本のライブ経験で慣れているから1番からメロディーに応じて振りつつ曲構成を把握して2番からは普通に対応したけど、慣れていても一回じゃ分かりづらいくらい難しいメロディーだったしサビっぽいところ以外もアツくて普通の曲ならここがサビと言われてもいいくらいまさしく「激アツ」の曲だった。


 プラネタリウムの映像は「天界の奈々姫」というオリジナルのものだそうで、翌日のレポに詳しく書いたのでそちらを参照。ステージ両サイドにある画面と4枚のLEDパネルを使うだけでなく、なんと東京ドームの白い天井をスクリーンにしてしまうという大胆な発想のプラネタリウムに思わず驚きの声が上がっていた。ストーリーは反響音とかあってシナリオが聞き取りづらかったし超展開だったのでよく分からなかったけどw


 次の「UNBREAKABLE」ではプラネタリウムに出てきた翼の生えたホワイトライオンに乗って飛びながら登場。実際には写真の通り下から支えているので飛んでいる訳ではないけど。上が白でスカートが七色の衣装でこの曲ではさらに右手にステッキを持っていた。この曲も好きだし、少し前の曲の「Tears' Night」や「残光のガイア」も好きだけどこっちは聞けないかと思っていたので嬉しかった。


 本編ラスト前のMCで「全ての人のパワーによってどんどん成長した曲。この曲と出会って色々な体験をしたし、これからもずっと愛を込めて歌っていきます。ここが世界中で一番光り輝く場所にしましょう。最強の色で染めてください! 心を込めて歌います。全力でかかってこーい! 『ETERNAL BLAZE』!!」って感じだったかな? 好きな曲はたくさんあるけどこれだけライブ映えする曲は他のアーティストでもなかなかないので、実際に体感できてよかった。ステージにある縦長の大きなスピーカーの上の辺りの高さまで炎が上がっていたけど、東京ドームってこんなに火を使ってもよかったんだっけ?


 アンコールは「DISCOTHEQUE」で「純潔パラドックス」と同じようにアリーナとスタンドの間を電飾のトロッコというかお立ち台というかそんな感じので移動しながら歌っていた。当然出てくる向きは「純潔パラドックス」とは逆の下手側(3塁側)からだけど。


 アンコールのMCでは、今までで最大の4万人のシャッス! そして「1月21日にNHK総合でこのライブの密着番組が放送される」という発表も。奈々さんの誕生日に放送だなんてNHKも粋なことをするね。


 「宇宙に声を響かせよう」ということで「Astrogation」が始まった。曲の終わりで城の上から火花が上がり最後に花火が。


 ダブルアンコールでは「昨日パソコンが壊れて音楽のデータが全部消えてしまったので、朝までかかって自分のCDを全部入れた」そう。「そこで今日ダブルアンコールをもらったらぜひやりたい曲が」ということで話していたら涙ぐみそうになっていたからMCを切り上げて「あの日夢見た願い」に。話の流れからこの曲が来るかなと思っていたとおりになったけど、この曲をリリースした頃はまさかこんな日が来るとは思っていなかったんでしょうね。


 曲が終わり「奈々」コールで涙ぐみそうになりながらも、「めそめそお別れするのではなく笑顔でお別れしたい」ということでプレゼント渡しコーナー。プレゼントのライオンは「水樹城の守り神という設定」なのにバズーカで飛ばすなんて…w バックネット裏は対象外でかわいそうにと思っていたら、最後にバックネット越えを狙い見事成功。
 最後に、再びステージのゴンドラに乗り城の上までいき女王は最初の所へ戻っていった。




 いやぁ…、こういうライブは初めてだったので始まるまでは不安だったけど一緒に行った人の助けもあったおかげで想像以上に楽しかった。そしてこれだけ盛りだくさんの演出でも分かるように奈々さんも周りの人たちも楽しませようとする姿勢が伝わってきたし参加できて本当によかった。演出も盛りだくさんで覚えきれなかったし郷に入っては郷に従えということで結構客席を見ていたのでレポはこれが限界。


2011.12.3 (SAT) 東京ドーム
アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 -QUEEN'S NIGHT- supported by JOYSOUND×UGA Calbee ポテリッチ
■SET LIST■

BRAVE PHOENIX
ROMANCERS' NEO
TRANSMIGRATION
<MC 1>
SECRET AMBITION
夢幻
<CHERRY BOYS SHOWCASE>「愛のチェリボKnight」
POWER GATE
アオイイロ
<MC 2>
POP MASTER
7COLORS
<SHORT MOVIE>TEAM YO-DA SHOWCASE「Dreams come true」
Dancing in the velvet moon
Inside of mind
<MC 3>
迷宮バタフライ -diverse-
純潔パラドックス
<CHERRY BOYS SHOWCASE>「Les Trois Mousquetaires」(三銃士)
SCARLET KNIGHT
PHANTOM MINDS
<MC 4>
Synchrogazer
WILD EYES
<SHORT MOVIE>プラネタリウム「天界の奈々姫」
UNBREAKABLE
Stay Gold
Tears' Night
残光のガイア
<MC 5>
ETERNAL BLAZE

【Encore】
DISCOTHEQUE
Take a chance
<MC 6>
Astrogation

【W Encore】
<MC 7>
あの日夢見た願い

このエントリーをはてなブックマークに追加    23:59:59 | 水樹奈々  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。