Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告GLAYHAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE ~We Love Happy Swing~ @ 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール (2日目)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]

ナタリーの写真付きの記事も読んでみましたが豪華なステージですね。見に来たFC会員皆に楽しんでもらえるよう回転式ステージで花道4本。設置するスタッフも大変だろうけど演じるGLAYも体力消耗しそうですね。

ファンがリクエストする形式だからコアな楽曲ばかりなのかなと思ったら意外にシングル曲があって新規会員の人にも楽しめそうな感じなのかな。
まさか 「残酷な天使のテーゼ」 を演じるとはw
やっぱGLAYのアレンジだと原曲よりもロックな感じになるんでしょうか。
2011/08/03(水) 10:51:01 | るへいん!! #rM6BBWms [Edit]
TERUさん、髪もジャケットも真っ赤でしたw
これまでも幕張メッセで花道を作っていたことがあったんですが、今回のは四方に伸びていたし曲中の移動も大変だったでしょうね。
「残酷な天使のテーゼ」は自分も驚きましたw
HISASHIさんが好きなのは知っていたけどまさかGLAYのライブでとは思っていなかったので。
原曲の雰囲気を残しつつロックなアレンジになっていたし、ただカバーするだけでなくアニメのセリフの音声を使っていたので許諾を取る必要があったと思うしガチでしたよw
2011/08/04(木) 00:36:34 | ドクタァムーグ #3un.pJ2M [Edit]

□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

 久しぶりのライブは久しぶりの遠征。しばらく遠征は自粛していたけど、7/31幕張はGLAYファンにとって特別な日。そう、1999年に幕張で20万人ライブを行ったのが7月31日なんですよね。当時もファンだったけどまだどのアーティストのライブにも行ったことがなくて、ファンの間で伝説となった20万人ライブも残念ながら参加できず後悔しました。それを12年越しでやっと追体験?できました。
 今回のライブはファンクラブの15周年記念ということで、行きたいのにチケットが取れなくて行けないファンが出ないように大きめの会場を用意して応募すれば基本的に全員当選するようにFC会員限定2daysライブとなりました。自分は絶対に7/31に行きたかったので7/30のは申し込まずに賭けたらステージに一番近いブロックのうちの1つが当たりました♪
 ライブ前に、昨日から期間限定で今年もお台場で開いているLiB Cafeに行けたらよかったけど、始発で行かないと多分ライブには間に合わないかなと思ったので断念して他の所へ寄っていました。それはまた別の記事で…。


幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール

 高低差のない客席(と言ってもブロック指定で椅子はない)なので普通のステージだと後ろのブロックだと見えづらくなるけど、今回は図GLAY「HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE ~We Love Happy Swing~」 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール エリアマップのようにステージを中央に配しそこから十字に端まで伸びる花道でステージを分断することによって奥のブロックでも花道に来たときには近くで見られるよう配慮されていました。ただ、自分のブロックは最初メンバーの背中しか見えないブロックだったので、ステージが回転してくれたらいいけど配線とか大変だろうし…と思ったらホントに回転してビックリしました。後のMCによると「当初は1回転だけの予定だったけど、何度も回すことにしたので照明スタッフが寝ずに調整してくれた」とのこと。おかげでどのブロックからでも正面の時が何回かあり楽しめました。
 花道の高さがちょうど目線の高さでステージはそれより少し高くなって見やすくしていたけど、ステージステージセットの上側にはブロックに対して斜めに4つ大きいディスプレイとその間に2つ小さいディスプレイがありました。


 暗転してからディスプレイにオープニングの映像が映し出され、最後に花道の4つの端にそれぞれ4人ずつ黒いマントで顔まで隠した状態で登場。どういうことだ?と思ったら本物は1人ずつで残りはフェイクでした。ということで四方からメンバーが花道を歩いて中央のステージへ。衣装とかは文章で説明するより後日どこかで写真付きの記事が出ると思うのでそちらを参照してください。ただ一言だけ、TERUさん真っ赤w


 今回はFC限定ライブなのでアンケートの上位20曲を2日にかけてやるということで普段あまりライブでやらない曲や一度もやったこともない曲もあるということだったので、前日も行っていればよかった…。
 さてトップはFCの名前にもなっている「HAPPY SWING」でした。まあ、これは時々やっているのでレア感はあまりなかったんですが、「誰かの為に生きる」や「笑顔の多い日ばかりじゃない」はリリースされた頃しかやっていなかったので、久しぶりに聞けて良かったです。「笑顔の多い日ばかりじゃない」は確か幕張のカウントダウンやその前日のShibuya O-Eastでも聞いたと思うけど、その時もサビで客席にマイクを向けられ歌詞があやふやで困ったような…?


 「生きてく強さ」はリクエストしなくてもしょっちゅうやってるのでもったいない気もするけど、今のご時世聞きたいのもわかります。


 「いつか」をライブで聞くのは久しぶりですね。当時はPVの手の振りを真似るのが一部で流行っていたと思うけど、今日自分の周りを見ても誰もやってなくて少し寂しい思いを。まあ、自分もおぼろげなのでやらなかったんですが…。


 ステージがターンしてSEIさんのキーボードが最初「LEVEL DEVIL」のイントロをアレンジしたものかなと思ったけどどうやら違うみたい…。でも、どこかで聞いたことがあるなぁ…と思ってたらHISASHIさんが「俺のターン。『逃げちゃだめだ…』のセリフで有名なアニメを見て強い人間になれた」と言ったところで、ようやくこのキーボードは「新世紀エヴァンゲリオン」第拾九話に出てくるBGMっぽいなと思いました。ってことで、今回はメンバー4人が1曲ずつリクエストしたナンバーをカバーするというコーナーがあるみたいで、HISASHIさんのリクエストはTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のOP、高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」でした。まさかGLAYのライブでこの曲を聞くとは思いも寄らなかったけど、女性率の高い客層にも関わらずタイトルコールでの歓声も大きく、曲中も盛り上がっていてさすがの知名度なんだなと実感。間奏では「逃げちゃダメだ…」や「あんたバカァ?」やダミープラグが拒絶され「もう一度…からやり直しだ」や「乗せてください!」「僕はエヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです!」などなど作中の名台詞のMixもあって、ニヤリとしましたw


 そしていつもアンケートでリクエストしている「嫉妬」へ続く俺得な流れ。歌詞の「十字」のところで昔はTERUさんが十字を切るような仕草をしていたけど今回はなかったです。TERUさんが花道の先まで行って何度か耳を押さえていてイヤモニが聞き取りづらいのかな?と思ったけど、昨日この曲をやった時にミスしたらしく、昨日の二の舞になる…と思っていたようです。


 「将来がどうなるか不安だった時に作った曲」との紹介で「都忘れ」。個人的には思い出深い曲で、高校の文化祭で本格的なバンドではないけどピアノを高校入るまで習っていたから友達にキーボードやってと頼まれ渡されたスコアとテープの中にこの曲と「カーテンコール」が入っていてこれがきっかけでGLAYを知り、文化祭でこの曲もキーボード&コーラスをやったので聞いていて当時のことを思い出し懐かしかったです。


 ディスプレイに色々出た最後に「AI」と出て一瞬?だったけどすぐに「アイ」だと分かりました(^-^; こういったのを聞けるのはFCライブならではですよね。


 「サバイバル」をやる前に枕詞的な「あの夏を思い出す」とか「20万人ライブ…」とかを言われる度に参加できてなくて寂しい思いをしていましたが、今回も…。まあ、これでそろそろ幕引きできればいいんですが。あれこれ書いてるけど、寂しい気持ちは曲が始まればどこかへ行ってしまうのでどうでもよかったりw


 「SHUTTER SPEEDSのテーマ」でJIROさんとTERUさんが片道100mの花道を並んで全力疾走しながら演奏・歌っていて凄いなぁ…と思いつつも転ばないか心配でした(^-^; いつもならJIROさんからTERUへマイクが移る際に2人がステージの左右へ走って行くので、同じ方向へ行くのは珍しいかも?


 「BURST」は封印されていたので滅多にやらないから久しぶりに聞いた気がする。「昔はこの曲で30分でTOSHIのドラムソロが10分あった」とか言ってたけど、それは体験したことないから未知の世界w TERUさんがメンバー紹介みたいなのをする度に花道の四方へ散らばったメンバーの元へ走っていくので、ただでさえ体力のいる曲がさらにハードになってて大変そうでした。この曲は熱いのに炎と炭酸ガスまで出るので余計に暑いw


 「Satellite of love」の前のMCはちょっとクサいけどすごくいいこと言ってましたね。歌詞に出てくる「繋いだその指を離さないで」がこの曲の前に話していた「みんなの笑顔があるからやってこれた。希望を壊さないよういつまでもGLAYであり続けるのでその手を取り合って離さないでほしい」みたいな感じのMCと繋がった気がした。


 アンコールで登場してTERUさんが何か話そうとしたけど、いつものようにJIROさんがカメラ撮影しているのに気づいて「どうぞ。JIROさんが終わってからで…」と譲っていたw 話そうとしてたことはプロのカメラマンを呼んで記念撮影することだったみたい。最初は長い方の花道の前号で撮るみたいだったけど、カメラマンの提案で4つあるブロックごとに撮ることに。
 そしてメンバー全員のMCで最初はTOSHIさん。いつもは地名+最高!と最初に言うので幕張最高!と言うのかと思ったら「HAPPY SWING最高」だった。「ドラムを始めて40年?になるけど今日も新しい発見があった」そうで続けていることの大切さとか語っていた。
 “サックス今治ロックンロール”のSEIさんは「嵐のにのです」と掴みはよかったんですが、それ以外何も言うことを考えてなかったそうで「母校の今治西高が甲子園に出る」ことくらいしか覚えてない。
 JIROさん「昨日も素晴らしいライブだったけど、(囁き声で)今日はもっと最高だった」と、まさかのウィスパーボイス。
 HISASHIさんは昨日のMCの続きだったみたいだけど2日目しか行ってないのでよく分からない部分もあった。「ファンクラブって何だろう?と思ってエキサイト翻訳をしたら“ファンク愛”」「GLAYなのにファンクが好き?と思って寝ようとしたけど、“ファンク・ラブ”で『間違えたー』といいことで今度は“We Love Happy Swing”をエキサイト翻訳」。iPad片手に翻訳結果を読み上げていたけど、もしかしてこの時にツイートしたのかな? でも間違ってることが分かったみたいで今度は「Google先生に聞いてみようということでGoogle翻訳で『We Love Happy Swing』を翻訳」してたw でも、最後に「コンピューターで翻訳できないような素敵なライブを期待しています」とカッコいいことを言ったんだけど甘噛みが残念w 「モンハンフェスよりちょっとだけいいぞ!」と言い残してWHYなMCが終わった。HISASHIさん隣でやってるモンハンフェスが気になっていたみたいだしライブがなければ行ってみたかったのかも?w
 “GLAYのデビュー前の映像を見て感動して泣くという一番のGLAYファン”のTAKUROさんは「ライブで感動して泣いたことは一度もない(キリッ」「日産の『I'm in Love』での涙は、野外だから鼻に偶然ハチが入った」といつもの調子w 冗談の中時々真面目な話をしていたけど、震災のこともあったのでその振り幅が大きかった。ファンクラブ改名の話は前日のMCの続きみたいだったのでよく分からなかった。最後に「MCで一つだけ嘘をつきました。分かった方は2012年7月30日までにファンクラブ宛てに。正解者には自腹で函館旅行をプレゼントします。」って言ってたけど、ハチと見せかけて旅行プレゼントが嘘だったり?


 カバーリクエストコーナー第四弾はJIROさんでJITTERIN' JINN「夏祭り」。「RISING SUN ROCK FESTIVALでやった時に格好良かったからGLAYファンにも聞いてほしいー (>▽<)」と思ったそうです。流石組Jrの方達がステージの周囲を元気いっぱい踊ってました。アルバム「GLAY」のジャケ写みたいなポーズをダンサーとTERUさんが息ぴったり合わせてやるので可笑しかったですw


 「南東風」ではゴチダンスの振り付けをした南流石先生も「GLAY EXPO 2001 “GLOBAL COMMUNICATION”」の九州公演、「GLAY EXPO 2004 “THE FRUSTRATED”」の紹介映像とともに登場。GLAY EXPO 2001の九州公演は映像が残っていない物があるらしく映像化されていないので現地で見て以来かと思ったけどそういえばDVDに数秒だけ収録されていたんだっけ。ゴチダンスは久しぶりで忘れていたけど練習の1回目でバッチリ思い出せました。でも、どうせ踊るなら「ヤンバルクイナ」をやってちゃんと映像化してほしかったw




 ライブが終わりメンバーが花道を歩いている時にTAKUROさんは紙コップに何かを入れた物を投げたりピックを投げたりして、HISASHIさんとJIROさんはいつも通りピックを投げていて、ふと気がついたら自分の所に向かってピックが飛んできている…でもどうせ逸れるだろうなと思ったら左の膝下にピックが当たって隣の隣に落ちたので速攻で手を伸ばしてゲット。タッチの差で他の人の手が自分の手に当たりましたが確保の瞬間に少し床を引きずってしまい傷が付いてしまいました…。でも、ピックを投げる瞬間を見てなかったのでその時近くにいたJIROさんかTAKUROさんか分からず、規制退場で待っている時にピックを撮影したい人がいれば渡していたので、隣の人に誰のピックか聞いたら「JIROさんのだと思いますよ」って教えてくれたんですが、「HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008」でJIROさんのピックをゲットした時はこれより分厚かったし滑り止めのためか傷を入れていたのに較べ、今回のは裏が透けるほど薄くて特に傷を入れているようには見えなかったのでTAKUROさんのかな?との疑問が消えずネットでピックの画像を調べたらJIROさんのっぽいですね。疑ってすみませんでした(^_^;
GLAY「HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE ~We Love Happy Swing~」 JIROピック GLAY「HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE ~We Love Happy Swing~」 JIROピック




2011.7.31(SUN) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE We Happy Swing
■SET LIST■

1.HAPPY SWING
2.誰かの為に生きる
<MC>
3.笑顔の多い日ばかりじゃない
4.生きてく強さ
5.生きがい
<MC>
6.いつか
7.ROSY
8.航海
<MC>
9.残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
10.嫉妬
<MC>
11.都忘れ
12.pure soul
13.リズム
14.アイ
15.サバイバル
16.SHUTTER SPEEDSのテーマ
17.BURST
<MC>
18.Satellite of love

[ENCORE]
1.STARLESS NIGHT
<MC>
2.夏祭り/JITTERIN' JINN
3.南東風
<MC>
4.またここであいましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加    23:41:07 | GLAY  | Trackback (0)  | Comment (2)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]

ナタリーの写真付きの記事も読んでみましたが豪華なステージですね。見に来たFC会員皆に楽しんでもらえるよう回転式ステージで花道4本。設置するスタッフも大変だろうけど演じるGLAYも体力消耗しそうですね。

ファンがリクエストする形式だからコアな楽曲ばかりなのかなと思ったら意外にシングル曲があって新規会員の人にも楽しめそうな感じなのかな。
まさか 「残酷な天使のテーゼ」 を演じるとはw
やっぱGLAYのアレンジだと原曲よりもロックな感じになるんでしょうか。
2011/08/03(水) 10:51:01 | るへいん!! #rM6BBWms [Edit]
TERUさん、髪もジャケットも真っ赤でしたw
これまでも幕張メッセで花道を作っていたことがあったんですが、今回のは四方に伸びていたし曲中の移動も大変だったでしょうね。
「残酷な天使のテーゼ」は自分も驚きましたw
HISASHIさんが好きなのは知っていたけどまさかGLAYのライブでとは思っていなかったので。
原曲の雰囲気を残しつつロックなアレンジになっていたし、ただカバーするだけでなくアニメのセリフの音声を使っていたので許諾を取る必要があったと思うしガチでしたよw
2011/08/04(木) 00:36:34 | ドクタァムーグ #3un.pJ2M [Edit]

□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。