Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告気になる…技術が進むと裏目に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

 今回の大学入試のネット投稿事件はそろそろ決着が付きそうな感じですね。不合格になるのは間違いないでしょうが、その前に現役高校生なら3月末までは高校に籍があるので退学処分とかになったら中卒扱いになってしまうけどその辺はどうするんだろう?
 試験会場の外での手口が雑だったのでバレただけでこれまでにも絶対こういう不正をやった人がいると思う。今回のも転売された携帯を使ったり、第2回 間違いだらけの「かんたんログイン」実装法くらいの知識があれば犯人がすぐには特定できなかったので困ったことになったはずだし。まあ、大学側も試験監督を怠ったせいで答案チェックが大変でしたねw
 今回の受験生の手口がどんなのだったか分かりませんが、巧妙な手口だとマンツーマンで監視してても分からないような気がするし。机の上に携帯を置くとかいった小手先の対応が全く無意味なのは誰でも分かるけど、電波を妨害して圏外にするのはすぐには導入できそうにないから、電磁波測定器を持って見回ればいいんじゃないんですかねぇ? これだと電源が入っている電子機器があれば分かるはずだし。試験前に「全ての電子機器の電源を切っておくこと。電磁波が検知されたら不正があったと見なす」とでも言っておけばかなりの抑止力になるはず。


 さて、少し前の記事になりますが、米シカゴの科学者がペストで死亡-米研究室での感染は50年ぶりというのがあったそうです。ペストなんてもう歴史でしか習わない病気だと思ってたのに。今回のは研究用に人体には無害と考えられていた弱毒化したペスト菌を扱っていたにもかかわらず起こってしまった異例な事故みたいです。
 GIZMODEの記事に少し詳しい経緯があいてあってこれで知ったんですが、あまりにも広告がウザくて好きじゃないんですよね…。それによると、死亡した研究者はヘモクロマトーシスという体内の鉄が過剰になる病気だったそうですが、それが遺伝子操作して弱毒化したペスト菌には好都合だったようで…。逆にこの病気の持ち主は通常のペスト菌には耐性があるので弱毒化してなければかからなかったはずだというのは何とも皮肉な結果。


このエントリーをはてなブックマークに追加    01:31:23 | 気になる…  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。