Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告デジタルツイートボタン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

Twitter、公式「Twitter Button」を発表っていう記事は先日見かけたんですけど、わざわざツイートボタンをつけなくても他に方法あるし…と思ってこのブログにつけるのはスルーしてました。
でも、これに使われている短縮URLがTwitter、公式短縮URL「t.co」を今夏スタートにあったものだったので、どんな風になるのか試してみました。
ツイートボタン設置サイトで設定したコードを貼り付ければいいみたいです。
でも、ボタンの画像が小鳥じゃなくてTwitterのが個人的にはよかったし、そもそもこのボタンだとURLが今開いているURLになってしまうので記事一覧でボタンを表示しても意味がないから単独記事のページで表示させるのが普通の使い方だろうけど、記事一覧でも表示させたいし…。
ってことで、どうしようかと思っていたら設置サイトの一番下に

自分のサイト用にカスタムボタンを作成したいですか?共有APIのための開発者ドキュメントを確認いただき、同じ機能を持った自分好みのスタイルのボタンを作成しましょう。

ってあるから読んでたらできるみたいで一番下の「Build Your Own Tweet Button」にちょうどいいのがありました。
スタイルシートはそこにあるのをそのまま使って大丈夫だと思います(このブログの場合ブロック要素だと今の位置におけないので試してないです)が、HTML部分はそれだと足りないですね。
そのサイトの「Properties which can be used by all types of Tweet Button」にあるパラメータをURLの後ろにクエリで追加すればいいみたいです。


<div class="custom-tweet-button">
<a href="http://twitter.com/share?url=<%topentry_enc_link>&text=<%topentry_enc_utftitle>%20-%20<%enc_blogname>&lang=ja" target="_blank">Tweet</a>
</div>


FC2ブログの変数だとこんな感じでテンプレートの<!--topentry-->~<!--/topentry-->内の好きな位置に入れると記事一覧でもいけますね。
あとは使ってないですけど、ユーザー名、関連アカウント、カウント数の表示位置もクエリで追加できるみたいです。
Javascriptを使った標準のツイートボタンの画像を使いたいという人は「http://platform.twitter.com/widgets/images/tweet_ja.png」に画像がありますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加    23:53:26 | デジタル  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。