Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告音楽想像がつかない

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

ちょっと前の記事ですけどNHK、来年度から教育テレビの愛称が「Eテレ」になるそうです。
教育テレビはNHK Eのロゴが入っているし番組名でもETVを使ったりしてるのでそのままETVでよかったんじゃ…という気もしますが。
もっと前の記事ですけど、audio-technicaのサイトで「BoA THE LIVE 2009 “X'mas”」のレポートが上がってたんですね。
いつも写真つきでレポートしてくれるからいいですよね。


さて、23時から今さっきまでBS日テレでやってた「読響シンフォニックライブ」を録画しながら見てました。
今回はラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」を辻井伸行熱演ということでした。
この番組を見たのは初めてでしたが、5.1chでやってたしシステムがあればもっと臨場感あったんでしょうね。
この曲のが世間では有名だと思うんですが、先に第3番を聞いていたのでその後で初めて第2番を聞いたら自分の好みじゃなかったというか何というか…。
まだ名演奏に出会えてないだけかもしれませんが。
もしかしたら、人生経験が足りないのかも!?
中学の頃は華やかなロマン派(ほとんどショパンでしたが)を聞くことが多くて、古典派でも特にベートーヴェンなんかは重苦しくて好きになれなかったんですよね。
でも大学生になったら少しずつ重厚なのが好きになっていったし、年を重ねないと理解できないものってあると思うんですよね。
話を戻して、辻井さんは全盲なのでどうしてもそちらが気になってしまうんですけど、ずっと聞いていたらそんなこと忘れてましたよ。
全然レベルが違いますが自分も中3の終わりから弾いたショパン「幻想即興曲」の大半は見なくても弾けることは弾けるんですけど、ここまで難しい曲で全部見ないとなると…というか見ても弾けないですけどね(^-^;
ピアノだけなら自分の好きなタイミングで弾けばいいけど、協奏曲となると指揮者に合わせないといけないのに指揮棒も見えないんですから大変ですよね。
でも、本人は散々言われているだろうし、全盲だからとかじゃなくて純粋に音楽のみを聴いてほしいと思ってるんじゃないかなぁ~?と思ってみたり。
印象的だったのは終わってから辻井さんが客席にお辞儀をした後に楽団の方を向いてお辞儀したら楽器を持っていて拍手しづらいので形だけの拍手じゃ見えないから足を踏み鳴らしていたことですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加    23:58:06 | 音楽  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。