Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告島谷ひとみHITOMI SHIMATANI 10th Anniversary Special Live CROSS OVER at 厳島神社

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

島谷ひとみさんの話題を書くのは久しぶりですね~。
先日カバーアルバムを出しましたが、“新曲”はしばらく出してないですよね!?
色んなアーティストを聞くようになってからはそれぞれの新曲を中心に聞くようになっていったので、島谷さんの曲を聞くのも実はご無沙汰だったり…(^-^;
なので今朝からこの前のカバーアルバム以外のほぼ全曲を入れたウォークマン片手に仕事してました。
島谷さんはライブもあまりやらなくなったし、やっても東京と大阪くらいで当面は忙しくて遠征しづらいし、会報もなくなったので、今年のFC継続はどうしようか迷ったんですよね。
でも、アルバムを買ったつもりで一応更新したら、10周年の今年は久しぶりにまさかの凱旋ライブですよ!!
まぁ、FCじゃなくてもチケット入手は困らなかったと思いますが、継続しておいてよかった~。
何気に宮島も厳島神社も今年2回目だったりします。
でも、イベントで行ってるので夜だし堪能したと言えるか微妙です(^-^;
昼過ぎに広島市内では雨が降ったので心配したけど、すぐに止んだのでホッとしました。


楽天世界遺産劇場 ―厳島神社― ポスター 日本郵便ロゴ入り角型1号ポスト 厳島神社 大鳥居

これからレポ書くけど、これよりも島谷ひとみ、厳島神社で感激ライブを見た方がいいんじゃないかな!?


FCで取った席は正面の前の方だったけど、斜めから見るし、今回のは座ったまま聞く形なので前の人と重なって見づらいこともしばしば…。
始まる前から楽器の演奏者はスタンバっていて、寒そうでした。
楽器構成はCROSSOVERということもあり、キーボード、フルート&サックス(たまにハーモニカ)、ウッドベース、パーカッションの4人でした。
暗転して奥から島谷さんが歩いてきました。
柱で見えなかったんですが、ステージに来る途中でお参りしてたようで柏手の音が聞こえました。
衣装はニュースとかの写真を見てもらえれば分かると思いますが、袖がないので見てて寒そうでした。


1曲目は「prayer」。
いきなりカップリング曲から来るとは思いませんでしたよ。
結構好きな曲だったけど、しばらく聞いてなかったからタイトルが出てこなかったし(^-^;
後半のサビ前でアカペラで歌ってたなぁ~。


次は「沙羅双樹」とまたしても意表を突かれました。
低音部とかいつもより不安定な感じで絶対音感の自分としては少し心配しながら聞いてました。
やっぱり寒いから歌う方も演奏する方も大変なのかなと思ってたんですけど、後のMCで「登場の時に風が吹いて口が乾いた」って言ってたので、それが原因みたいですね。
水分補給してからはそんなことなかったし。


続いては「私のふるさとをイメージした歌です」ということで、予想通り「Take me home」が来ました。
1stツアーの呉市文化ホールで聞いて以来かな?
今回歌わなかったらいつ歌うんだと思ってたし。
原曲よりも少しアップテンポだったと思います。
宮島へ向かうフェリーでこの曲をセレクトしてつい30分前に聞いたばかりでそう感じたから合ってると思う。
ただサビの繰り返しがあるのを忘れて間違えちゃいましたが。


「やさしいキスの見つけ方」は最初普通よりゆっくりだからこのままいくのかと思ったら、Aメロからは少しテンポアップして大人な感じのアレンジになってました。


「ESCAPE」ではジャズアレンジしてあって、ベースもピッチカートで目立ってたし。
キーボードもグリッサンド多めで盛り上げてたし。
この寒さで手がかじかむ中、グリッサンドとかやって大丈夫なの!?と思いましたよ(^-^;
次のMCに入った時に少し息が上がってたし、この曲が一番盛り上がりましたね。
ここのMCは長すぎて途中で「覚えられるかー」(ノ`△´)ノ~┻━┻ って思ったけど、面白かったからいいやw
要するに自分の歌の原点について(本人のイメージに関わるので詳しくは書きませんw)話したかったんですが、途中で迷子になったみたいですね。
小さい頃に歌って誉められたらという民謡「音戸の舟唄」をアカペラで歌いました。
まさか宮島で年に2回も民謡を聞くとは思ってなかったです。
民謡をライブで歌うのはこれが初めてとのことで貴重でした。


「朧月夜」だったか「この道」だったかで、鳥が「ガーガー」鳴いて飛んできました(^-^;
静かな曲だったので、1羽だったのによく聞こえましたよ。
夜は静穏な場所だから、ライブで驚いたのかもしれませんね。
鳥は仕方ないけど、カメラマンのシャッター音がうるさくてうるさくて…。


「亜麻色の髪の乙女」は男歌 versionがベースになってたと思います。
基本的に今回の楽器編成のために全曲アレンジし直してるからアレンジした人(バンマスの井出さんかな?)は大変でしたね~。


「久遠 -kuon-」の前に「突然亡くなった彼女が天国へ行く前に彼に遺した歌です」って言ってて、由来は初耳だったからビックリしました。
確かにそういうのを知ってから聞くと違った感じになりますね…と思ったら近くの人が思いっきり鳴きながら聞いていてそっちのが気になったし(^-^;






2009.10.17 (SAT) 厳島神社 国宝 高舞台
HITOMI SHIMATANI 10th Anniversary Special Live CROSS OVER at 厳島神社
■SET LIST■

prayer
沙羅双樹
[MC]
Take me home
[MC]
キャンディ
やさしいキスの見つけ方
ESCAPE
[MC]
音戸の舟唄
朧月夜
この道
亜麻色の髪の乙女
[MC]
幸せな結末
久遠 -kuon-
長い間
いつの日にか…
[MC]
愛の詩

【Encore】
見上げてごらん夜の星を
[MC]
YUME日和

このエントリーをはてなブックマークに追加    22:44:57 | 島谷ひとみ  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
MステTop | 2000本突破 >
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。