Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告気になる…オリオン座のベテルギウスに何が起こっているのか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

オリオン座のベテルギウス、謎の縮小というのが起こっているそうです。
元々、ベテルギウスは半規則変光星として有名なので、今回の縮小が単に膨張と収縮を繰り返しているだけならいいんですけど、ミラ型変光星ではないしそうじゃない可能性もあるようですね。
太陽よりずっと大きい赤色超巨星で、地球から約640光年ほどと宇宙から見たら比較的近いので超新星爆発が起これば地球からはっきりと見えるのはもちろん、何かしら影響があるかもしれませんね。
また、超巨星なので超新星の後に中性子星もしくはブラックホールになると考えられていますが、どっちになるのかも興味ありますね。
今見えてる姿も600年以上前のものなので、実際にはもうすでに超新星が起こった後かもしれませんし、自分の生きているうちに見れるかなぁ~?


超新星とか色々調べてたら、1990年に放送されたNHKスペシャル「銀河宇宙オデッセイ」という番組が出てきました。
当時天文少年だった私はもちろんこの番組を見てましたし、本も買いましたよ。
Wikipediaでこの番組を調べたら、

地球を出発した宇宙船が観測を続けるストーリーに沿って進められ、様々な天文現象に遭遇する。当時、第一線で活躍する天文学者が登場し、最新の成果を解説した。撮影にはNHK放送技術研究所が開発中だった高感度ハイビジョンカメラ(HARP)が投入され、数々の天文現象を記録した。
この種の科学番組としては異例の豪華なセットや配役、ストーリー展開であった。また、随所に取り入れられたCGは当時の最高水準のものだった。
登場する天文学者は何れも当時、第一線で活躍していた方達であった。
現時点において、この番組に匹敵する予算規模の天文番組は制作されていない。
音楽はHARU(高内春彦)が担当した。

と書いてます。
こういった番組は民放で作るのは難しいのでNHKで何年おきかに作ってもらいたいですねぇ~。


このエントリーをはてなブックマークに追加    10:44:42 | 気になる…  | Trackback (0)  | Comment (0)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]


□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。