Feelings deep inside

のんびりと音楽の話でも。。

HOMEスポンサー広告GLAYGLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008 @ 大阪城ホール (1日目)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加    --:--:-- | スポンサー広告  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]

おお~、くいだおれ人形のお店の様子が見れるとはッ。
やっぱ反響が大きいんですね。

うはw TERUさんのMCww

毎度 熱いレポですな~。
昨日から見てましたが、携帯からよくここまで書けるもんだなあと思っちゃいます。いやはやすごい。
2008/04/10(木) 20:28:42 | るへいん #rM6BBWms [Edit]
くいだおれの店には次々とテレビカメラが来てましたよ~。
エロ彦さんにやられたという女性ファン多いですよww
写真をパソコンでリサイズしてアップし直した以外は全て携帯で作製しましたからね~。
あとユーザータグは携帯じゃ設定できないし、パソコンで設定していても解除されるのでさっき帰宅してから設定し直しましたが。
2008/04/10(木) 20:48:09 | ドクタァムーグ #3un.pJ2M [Edit]

□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック

来月・再来月にかなりの遠征を計画していてその費用がかなりかかるのでしばらく遠征を控えてたら、地元ではそんなに行きたいライブがなくてライブ自体も久々という結果に…(^-^;
そんな訳で今回の追加公演もFCとHSMSの両方で落選だったので無理して行くなということかと思って他の先行とかは申し込まなかったんですけど、友達からチケットが余るみたいと誘われたら二つ返事で行くと言ってたw
まあその日に島谷さんの生オーケストラ付き観覧が発表されて被ったので凹んだんだけど…。
今回は節約のため往復バスだったんですけど、GLAYファンが大半を占めててなんだか遠足気分だったw
自分は何もグッズ持って行かなかったので、ぱっと見一般人だと思われたのかも知れませんが、ブログやっててライブレポも書いてるって宣伝したいくらいでしたよ。
BoAちゃんか島谷さんのライブレポなら結構コメントあるんですけど、GLAYのは普段あまり他のファンと交流が少ないのでコメントもほとんどないんですよね。
それだから仕方ないとは思うけど、1/29広島厚生年金会館のレポとか全くコメントないとさすがに寂しいですね。


道頓堀というより大阪の名物と言ってもいいくいだおれ人形のあるあの店が今年の7月8日で閉店すると昨日発表されたので大阪駅から歩いて見に行ってきました。
くいだおれ人形 くいだおれ看板

中で食事したのは一回だけなんですけど、今日は時間の関係でここで食事できなくて残念です。
普段から記念写真を撮る人が結構いると思うんですけど、今日は閉店を聞き付けてテレビカメラやカメラを持った人に自分みたいなやじ馬で店頭はごった返してとても中に入れる雰囲気ではなかったですけど。
閉店までに大阪にはまた行く予定だからその時行けたらいいな。


※ここから先はネタバレなのでご注意ください。


大阪城ホール

会場に入ると今回はホールツアーの時みたいにステージに幕は覆ってなくどんなステージなのか開演前にわかったけど、ステージ右側に謎のブースがあった。
あとは両サイドに花道があってステージはコの字状になってた。
開演時間になると場内アナウンスがよくある女性の声から男性の声でしかもノリよく喋るので変だなと思ったらFM802のDJだった。


しばらくして開演まで流れてるBGMですでに手拍子が起こっていて、暗転。
今回は照明をふんだんに使ってしばらく何の曲が始まるのかと思ったらSEの直後にサビ始まりの「ASHES -1969-」だったので重なるくらいの感じだった。
サビの繰り返し辺りで、ベースが一つ先のを弾いちゃったような気がしたけど。


「VERB」で初めてディスプレイを使ったのでよく見えるようになったけど、ディスプレイが通常よくあるステージ中央奥と左右の3ヶ所だけじゃなく、それだとスタンドの両端からはディスプレイが見づらいのに配慮してくれていて、左右にあるディスプレイのさらに外側に斜めにしてスタンドの端からも見えるようにディスプレイがあったので、計5枚のディスプレイがあって至れり尽くせりな感じ。
端はいつもディスプレイが見づらいけど、今回は見やすいはずだし、両サイドに花道があるので、結構おいしい席かも!?
おっと、ディスプレイのことしかまだ書いてなかったけど、この「VERB」というのは未収録曲というより曲の存在自体も知られてない新曲。
どこかで見たことのある単語だとは思ってたけど、英語でSVOCとかあるV(動詞)と同じ綴りだね。
ただタイトルが動詞じゃよくわからないので別の意味があるのかもしれないけど。
現在のところ配信のみの新曲「STARLESS NIGHT」と「-VENUS」はやるだろうと思って予習してたけど、さらに新曲があるとは思ってなかった。
「ハイコミらしく新曲『VERB』行くぜ」みたいなことを言って始まってたけど、そういえば最初のHIGHCOMMUNICATIONS TOURがあった2003年の時も一曲目から新曲だったなぁ~。
ちょっと聞いてしまってノリ切れなかったけど、周りもそんな感じだったみたいだし。
明日以降はマシになってるんだろうな~。


いきなり新曲でポカーンとしてしまった人達も必ず乗れる曲ということで「誘惑」なんだろうね。
ここで初めて花道にメンバーが来た♪
アリーナ席で花道寄りだったけど、やっぱりホールの時ほどは近くない…(^_^;)


最初のMCでは、「暑くてジャケットが3曲も持たなかった(笑)」
「みんなにGLAYのビートをぶっこんで行くんでアツく行こうぜー」
スタンドとアリーナをいつものように煽ったので次は大阪か大阪城ホールとくるだろうと思ったら「1万人ー!!」だった。


「この曲でみんなに夢をあげるぜ」なんて言うから一瞬「BEAUTIFUL DREAMER」かとも思ったけど、「YOU MAY DREAM」だった。


自分が行ったホールの時はここに「ROCK'N'ROLL SWINDLE」が入ってたけど今日は「MERMAID」で気分が変わってよかった。
でもGLAYのライブでは久しぶりに帰りにどしゃ降りだったのでタイムリーではあったんだけどw


「coyote, colored darkness」はホールではなかった炎の演出が復活。
やっぱりこの曲は炎がじゃんじゃん出てるイメージだもんね。
前の人達の関係で自分の位置からはHISASHIさんが定位置にいると全く見えないのが残念だった…。
最後の“今そこに”は普通に歌うのではなく囁くような感じで新鮮だった。


MCで「ホールの時は近くてみんなの毛穴が見えるくらいだったけど、今日は1万人の声を重ねる感動的な場面を造っていきたい」って感じかな?
他にも何か笑ってしまった発言があった気がしたけど…(^-^;


「みんなの心に数々の名曲を残していきたいと思うし、そんな大名曲になるナンバー」ってことで「SORRY LOVE」。
何度も聞いてるサビの繰り返しのところで鳥肌が立った。
「僕に翼があったら」ってところでディスプレイにはTERUさんを後ろから撮ってるのが映って、ついでにCGで翼がでてくればいいのになんてちょっと思ったけど、リアルタイムでやるのは難しいか。
まあ別にそこまでしなくてもいいかw


キーボードのSEIさんがソロで弾いてて何が始まるのか色々考えてたら「Together」だった。
この曲は高校入るまでピアノやってたしこの曲も弾いてたのでどうしても他の曲よりSEIさんを見る回数が多かった。


「1994年、GLAYが夢を信じて行けばいいのか悩んでた頃の曲」という感じの紹介で始まったのは「Life ~遠い空の下で~」。
この曲ってTERUさんアコギ弾くんですね。


「都忘れ」も昔キーボードを弾いてたので特に懐かしかったな~。


「STARLESS NIGHT」の前のMCでは恒例の声出し&練習で、声出しでは男の時最初TERUさんが低く「OH! YEAH!」なんて言うもんだから低くて声が張れなかったしw
次からは通常の高さに戻ったけど。
女の時はTERUさんが「OH! YEAH!」の後に「ウフッ(笑)」なんて言うからみんなも頑張ってそれに続いてたw
曲の最後は配信ではカットされてた「ROCK!」って言ってるけど、今日は凄い巻き舌だった。


「AMERICAN INNOVATION」でもTAKUROさんがセレブレーションを巻き舌だったしw
途中で手拍子する場面がこのツアーからあるけど、TERUさんが「右手を出せ。右手には夢がある」って言うから左手は何かなと思ったら「左手には希望がある」と言ってて、それから手拍子開始。


今回も「Lock on you」あったけど、男だからこの曲結構困るんだよね~(^_^;)
ホールの時みたいに仕草でのエロさはほとんどなかったけど、言葉の方は相変わらずというか自分の行った時よりさらにエスカレートしてるし。
友達から「男も女も関係ねー!」とあるホールで言ったと聞いてたら今日も言ったしw
だんだん吹いたら負けって感じになったのは男だからなんだろうけど…。
TERUさんが「今宵、俺達に抱かれてしまう子猫ちゃーん」って言った“子猫ちゃーん”にエコーかけてて裏方も完全バックアップだし(爆)
「今夜は1万人と多いけど、抱いちゃうぜ!!」の言い方が他のところと違ってセクシーとかエロいとか通り越して何だかいやらしかったんだけど(´・ω・`)
でも普通の人が同じセリフ言ったらただの変態になってしまうのに、TERUさんだと成立してるのがスゴいw
曲が終わってMCに入ったのに「君のキスで生まれ変われたぜー!!」なんて叫んでるし(爆)


「-VENUS」を聞いていた時2番で“HEY”って所はきっと乗った方がいいんだろうなと思ってた通りで、ディスプレイにも“HEY”って映し出されてた。
ライブで聞いてますます好きになった。



「SHUTTER SPEEDSのテーマ」の間奏でJIROさんがごろんとコケてしまったけど、ベースは弾き続けてたしすぐに起き上がったので大丈夫なのかと思ってたけどしばらくしてベースを置いちゃった。
転んだ時にベースのどこか壊れちゃったのかな!?
ベースの音がしばらく同じ音で出っぱなしになってたのは止められてすぐにローディーが替えのベース持ってきて演奏再開。
その間の数フレーズだけどベースがないとやっぱ抜けた感じだね。


「BEAUTIFUL DREAMER」がアンコールのオーラスから本編のラストに移ってきたけど、この辺の曲が残ってるとアンコールの流れもマンネリ化するからね~。


アンコールではサイレンが鳴って聞き覚えがあるけど忘れてて何が始まるのか分からなかったorz
まあツアータイトルなので「HIGHCOMMUNICATIONS」をやらない訳にもいかないんだけど。


この後のMCに入る時に、いつものように暗い中ピンスポットでTERUさんを狙う訳なんだけど、ちょっとズレてTERUさんが照明からはみ出してしまったのですかさず「ピン、今はみ出たよね。何回一緒にやってるんだ!(笑)今夜は反省会だ!(笑)」だってさ。
照明さん頑張って~(^_^;)
でも自分がTERUさんと一緒に反省会やるなら逆に嬉しいけどw



「ピーク果てしなくソウル限りなく」はいつもの箇所で銀テープが発射されたけど、今回はメッセージとか書いてなくて普通のだったのでちょっとがっかり。


最後はまさかの「BURST」!!
全く予想してなかったよ。
TERUさんも「このリズム覚えてるか?お前らをぶっ壊すナンバーだ!!」ってことで始まったけどUSJの時みたいに「ACID HEAD」と連チャンだったらマジでヤバかった。
久しぶりで大丈夫か心配だったけど完全燃焼。


メンバーが下がってからディスプレイにホールツアー全52公演の写真が出てきて、最後に「Thank you. See you soon.」と「またここであいましょう。」と映し出されて終演のアナウンスと「またここであいましょう」のBGM。




2008.4.9 (Wed) 大阪城ホール
GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008 追加公演
SET LIST大阪城ホール 08.4.9 セットリスト
ASHES -1969-
VERB (未収録曲)
誘惑
[MC]
YOU MAY DREAM
MERMAID
coyote, colored darkness
[MC]
SORRY LOVE
Together
Life ~遠い空の下で~
都忘れ
[MC]
STARLESS NIGHT
AMERICAN INNOVATION
Lock on you
[MC]
-VENUS
KISSIN' NOISE
Runaway Runaway
彼女の“Modern…”
SHUTTER SPEEDSのテーマ
BEAUTIFUL DREAMER

【Encore】
HIGHCOMMUNICATIONS
[MC]
SURVIVAL
ピーク果てしなくソウル限りなく
BURST


このエントリーをはてなブックマークに追加    23:31:04 | GLAY  | Trackback (0)  | Comment (2)  | 
□ Comment

 [コメント記入欄はこちら]

おお~、くいだおれ人形のお店の様子が見れるとはッ。
やっぱ反響が大きいんですね。

うはw TERUさんのMCww

毎度 熱いレポですな~。
昨日から見てましたが、携帯からよくここまで書けるもんだなあと思っちゃいます。いやはやすごい。
2008/04/10(木) 20:28:42 | るへいん #rM6BBWms [Edit]
くいだおれの店には次々とテレビカメラが来てましたよ~。
エロ彦さんにやられたという女性ファン多いですよww
写真をパソコンでリサイズしてアップし直した以外は全て携帯で作製しましたからね~。
あとユーザータグは携帯じゃ設定できないし、パソコンで設定していても解除されるのでさっき帰宅してから設定し直しましたが。
2008/04/10(木) 20:48:09 | ドクタァムーグ #3un.pJ2M [Edit]

□ コメントを投稿する

   

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
□ この記事へのトラックバック
Base template by Sun&Moon.  
Copyright © 2005-2017 Feelings deep inside. All Rights Reserved. Powered by FC2 BLOG.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。